ホーム >> 業績 >> 2000年

業績

2000年の、学会(国内)、論文(日本語)、学会(海外)、論文(英語)の業績をご紹介します。

2000年   − 論文(英語) −

このページの先頭へ

2000年   − 学会(海外) −

このページの先頭へ

2000年   − 論文(日本語) −

2000年の論文(日本語)の業績をご紹介します (タイトル、著者、雑誌名、巻・号、ページ) の順に掲載しております

  • Scapulohumeral rhythm に関する新しい知見 −運動の速さとリズムの関係−
    原田拓、菅本一臣、町田明敏、宮本隆司、竹内英二、冨田哲也、越智隆弘
    臨床整形外科、35;5-11,2000
  • Scapulohumeral rhythmに関する新しい知見
    原田拓、菅本一臣、宮本隆司、町田明敏、竹内英二、冨田哲也、吉川秀樹、越智隆弘
    肩関節、24(2);159-162,2000
  • 三次元MR画像によるslipping現象の解析
    乾浩明、橋本 淳、建道寿教、駒井正彦、信原克哉
    肩関節、24(3);305-308,2000
このページの先頭へ

2000年   − 学会(国内) −

2000年の学会(国内)の業績をご紹介します (学会名、開催地、タイトル、発表者) の順に掲載しております

  • 第10回コンピュータ支援画像診断学会大会・第9回日本コンピュータ外科学会大会   10月   東京
    X線透視画像からの人工膝関節の三次元位置・姿勢推定
    山崎隆治、中島義和、佐藤嘉伸、渡邉哲、冨田哲也、菅本一臣、吉川秀樹、越智隆弘、田村進一
このページの先頭へ
ホーム ご挨拶 運動器バイオマテリアルとは 研究室の紹介 研究内容 業績 お問い合わせ リンク 個人情報保護方針