ホーム >> 業績 >> 2002年

業績

2002年の、学会(国内)、論文(日本語)、学会(海外)、論文(英語)の業績をご紹介します。

2002年   − 論文(英語) −

2002年の論文(英語)の業績をご紹介します。 (タイトル、著者、雑誌名、巻・号、ページ) の順に掲載しております。

  • Surgical Treatment of the Hand Disorders in Farber's Disease. -A case report -.
    Moritomo H, Nakase T, Maeda K, Murase T, Yoshikawa H.
    J Hand Surg [Am].27(3);503-507, 2002.
  • Pseudomallet finger associated with exostosis of the palanx: a report of two cases.
    Murase T, Moritom H, Tada K, Yoshida T.
    J Hand Surg [Am].27A(5);817-820, 2002.
  • Three-dimensional relationship of the glenohumeral joint in the elevated position in shoulders with multidirectional instability.
    Inui H , Sugamoto K ,Miyamoto T , Yoshikawa H , Machida A ,Hashimoto J , Nobuhara K.
    J Shoulder Elbow Surg.11(5):510-5,2002.
  • Glenoid shape in atraumatic posterior instability of the shoulder.
    Inui H, Sugamoto K ,Miyamoto T ,Yoshikawa H , Machida A , Hashimoto J, Nobuhara K.
    Clin Orthop.403:87-92,2002.
  • Scapulohumeral rhythm: relationship between motion velocity and rhythm.
    Sugamoto K , Harada T ,Machida A , Inui H ,Miyamoto T ,Takeuchi E ,Yoshikawa H ,Ochi T.
    Clin Orthop.401:119-24,2002.
  • Case report; Periprosthetic fracture of the tibia associated with osteolysis caused by failure of rotating patella in low-contact-stress total knee arthroplasty.
    Watanabe T, Tomita T, Fujii M, Kaneko M, Sakaura H, Takeuchi E, Sugamoto K, Yoshikawa H.
    The Journal of Arthroplasty.(17)8;1058-1062,2002.
このページの先頭へ

2002年   − 学会(海外) −

2002年の学会(海外)の業績をご紹介します。 (学会名、開催地、タイトル、発表者) の順に掲載しております。

  • 5The 6th International Conference on Biomedical Engineering and Rehabilitation Engineering (ICBME).   May.   Guilin.
    2-D/3-D registration for kinematics analysis of Total knee Arthroplasty.
    Yamazaki T, T. Watanabe, Y. Nakajima, Y. Sato, T. Tomita, K. Sugamoto, H. Yoshikawa, T. Ochi, S. Tamura, T.
  • 57th Annual Meeting of ASSH.   Oct.   Phoenix.
    Kinematics of the triquetrum-hamate joint: A noninvasive in vivo 3-dimensional study.
    Moritomo H, Murase T, Goto A, Nakajim Y.
このページの先頭へ

2002年   − 論文(日本語) −

2002年の論文(日本語)の業績をご紹介します (タイトル、著者、雑誌名、巻・号、ページ) の順に掲載しております

  • 有鉤骨−三角骨関節のキネマティクス MRIを用いた非侵襲的in vivo三次元動態解析−
    森友寿夫、村瀬剛、後藤晃、中島義和、有村武浩
    日本手の外科学会雑誌、19(3);158-161,2002
  • 生体肘関節における非侵襲的3次元キネマティクス研究
    森友寿夫、村瀬剛、後藤晃、有村武浩
    日本肘関節研究会雑誌、9;51−52,2002
  • 橈骨遠位端骨折に対する生体活性セメント(CAP)による治療
    難波二郎、島田幸造、斉藤正伸、中嶋俊秀
    日本手の外科学会雑誌、19(2);29-32,2002
  • X線透視画像を用いた人工膝関節3次元動態解析システムの開発
    渡邉哲、菅本一臣、越智隆弘、山崎隆治、中島義和、佐藤嘉伸、田村進一、冨田哲也、吉川秀樹
    第12回コンピュータ支援画像診断学会大会・第11回コンピュータ外科学会大会合同論文集、167-168,2002
このページの先頭へ

2002年   − 学会(国内) −

2002年の学会(国内)の業績をご紹介します (学会名、開催地、タイトル、発表者) の順に掲載しております

  • 第75回 日本整形外科学会学術集会   5月   広島
    慢性関節リウマチ肩に対する人工関節置換術後の肩関節機能評価
    宮本隆司、菅本一臣、冨田哲也、林田賢治、吉川秀樹、越智隆弘
  • 第75回 日本整形外科学会学術集会   5月   広島
    RA患者の手関節に対するスワンソン人工関節の成績−全固定術との比較−
    橋本英雄、冨田哲也、橋本淳、森友寿夫、村瀬剛、菅本一臣、越智隆弘、吉川秀樹
  • 第75回 日本整形外科学会学術集会   5月   広島
    X線透視画像を用いた人工膝関節3次元動態解析システムの精度評価
    渡邊哲、山崎隆治、中島義和、菅本一臣、冨田哲也、佐藤嘉伸、越智隆弘、吉川秀樹
  • 第75回 日本整形外科学会学術集会   5月   広島
    Knee Opusの短期成績
    菅本一臣、冨田哲也、渡邊哲、橋本淳、橋本英雄、吉川秀樹、大脇肇、福岡慎一、藤井昌一、若林元
  • 第19回 中部日本手の外科研究会   1月   広島
    橈骨遠位端骨折変形治癒における遠位橈尺関節運動-MRIを用いた生体3次元動態解析
    森友寿夫、村瀬剛、後藤晃、中島義和、桝本潤、笹間俊之
  • 第19回 中部日本手の外科研究会   1月   広島
    舟状骨偽関節手術における3次元コンピューターシミュレーションの試み
    村瀬剛、森友寿夫、後藤幌、中島義和、桝本潤、笹間俊之、吉田竹志、多田浩一
  • 第16回 東日本手の外科研究会   2月   札幌
    上肢骨折後変形治癒・偽関節の治療における3次元コンピューターシミュレーションの有用性
    森友寿夫、村瀬剛、後藤晃、中島義和、桝本潤、笹間俊之、吉田竹志、谷内孝次
  • 第14回 日本肘関節研究会   2月   札幌
    生体肘関節における非侵襲的3次元キネマティクス研究
    森友寿夫、村瀬剛、後藤晃、中島義和、桝本潤、笹間俊之
  • 第45回 日本手の外科学会   4月   新潟
    有鉤骨-三角骨関節のキネマティクス:MRIを用いた非侵襲的in vivo3次元動態解析
    森友寿夫、村瀬剛、後藤晃、中島義和、桝本潤、笹間俊之、有村武浩
  • 第45回 日本手の外科学会   4月   新潟
    橈骨遠位端骨折に対する生体活性セメント(CAP)による治療
    難波二郎、島田幸造、斉藤正伸、中嶋俊秀
  • 第75回 日本整形外科学会学術集会   5月   広島
    人工膝関節3次元動態解析システムの精度評価
    渡邉哲、菅本一臣、越智隆弘、冨田哲也、吉川秀樹、山崎隆治、中島義和
  • 第29回 日本臨床バイオメカニクス学会   9月   千葉
    3D-MRIを用いた3次元脊椎運動解析−頭部回旋運動における上位頚椎の動態解析−
    石井崇大、向井克容、坂浦博伸、細野昇、菅本一臣、吉川秀樹、中島義和、桝本潤、佐藤嘉伸、越智隆弘
  • 第17回 日本整形外科学会基礎学術集会   10月   青森
    手根中央関節のキネマティクス:MRIを用いたin vivo3次元動態解析
    森友寿夫、後藤晃、村瀬剛、菅本一臣、中島義和、有村武浩
  • 第17回 日本整形外科学会基礎学術集会   10月   青森
    生体肘関節における非侵襲的三次元キネマティクス研究
    後藤晃、森友寿夫、村瀬剛、菅本一臣、有村武浩、吉川秀樹
  • 第17回 日本整形外科学会基礎学術集会   10月   青森
    上肢骨折後変形治癒・偽関節治療における三次元コンピューターシミュレーションシステムの開発
    村瀬剛、後藤晃、森友寿夫、菅本一臣、吉川秀樹、中島義和、桝本潤、笹間俊之、田村進一
  • 第11回 日本コンピューター外科学会   11月   吹田
    X線透視画像を用いた人工膝関節3次元動態解析システムの開発
    渡邉哲、菅本一臣、越智隆弘、山崎隆治、中島義和、佐藤嘉伸、田村進一、冨田哲也、吉川秀樹
このページの先頭へ
ホーム ご挨拶 運動器バイオマテリアルとは 研究室の紹介 研究内容 業績 お問い合わせ リンク 個人情報保護方針