ホーム >> 業績 >> 2004年

業績

2004年の、学会(国内)、論文(日本語)、学会(海外)、論文(英語)の業績をご紹介します。

2004年   − 論文(英語) −

2004年の論文(英語)の業績をご紹介します。 (タイトル、著者、雑誌名、巻・号、ページ) の順に掲載しております。

  • Kinematics of the upper cervical spine in rotation: in vivo three-dimensional analysis.
    Ishii T, Mukai Y, Hosono N, Sakaura H, Nakajima Y, Sato Y, Sugamoto K, Yoshikawa H.
    Spine.29(7);E139-144,2004.
  • Kinematics of the subaxial cervical spine in rotation: in vivo three-dimensional analysis.
    Ishii T, Mukai Y, Hosono N, Sakaura H, Fujii R, Nakajima Y, Tamura S, Sugamoto K, Yoshikawa H.
    Spine.29(24);2826-2831,2004.
  • Palmar dislocation of the metacarpophalangeal joint of the finger.
    Murase T, Moritomo H, Yoshikawa H.
    J Hand Surg [Br].29(1);90-3, 2004.
  • Operative technique of new decompression procedure for Kienbock's disease: Partial Capitate Shortening.
    Moritomo H, Murase T, Yoshikawa H.
    Techniques in Hand and Upper Extremity Surgery.8(2):110-115, 2004.
  • Capitate-based kinematics of the midcarpal joint during wrist radioulnar deviation: An in vivo 3-dimensional motion analysis.
    Moritomo H, Murase T, Goto A, Oka K, Sugamoto K, Yoshikawa H.
    Journal of Hand Surgery [Am].29(4):668-675, 2004.
  • In vivo elbow biomechanical analysis during flexion: Three-dimensional motion analysis using magnetic resonance imaging.
    Goto A, Moritomo H, Murase T, Oka K, Sugamoto K, Arimura T, Nakajima Y, Yamazaki T, Sato Y, Tamura S, Yoshikawa H, Ochi T.
    J Shoulder Elbow Surg.13(4):441-447, 2004.
  • Scaphoid anatomy and biomechanics: update and review.
    Patterson RM, Moritomo H, Yamaguchi S, Mitsuyasu H, Shah MA, Buford WL, Viegas SF.
    Atlas Hand Clin 2004 .9;124-140,2004.
  • In vivo kinematics of mobile-bearing knee arthroplasty in deep knee bending motion.
    Watanabe T, Yamazaki T, Sugamoto K, Tomita T, Hashimoto H, Maeda D, Tamura S, Ochi T, Yoshikawa H.
    Journal of Orthopaedic Research.22;1044-1049,2004.
  • Total ankle replacement in rheumatoid arthritis.
    Nishikawa M, Tomita T, Fujii M, Watanabe T, Hashimoto J, Sugamoto K, Ochi T, Yoshikawa H.
    International Orthopaedics.28;123-6,2004.
  • X-ray Fluoroscopy-based System for 3-D Kinematic Analysis of Total Knee Arthroplasty and its Clinical Application.
    Yamazaki T, T. Watanabe, Y. Nakajima, K. Sugamoto, T. Tomita, Y. Sato, H. Yoshikawa, S. Tamura.
    Medical Imaging Technology, Vol.22 No.1 pp.41-50 2004.
  • Improvement of Depth Position in 2-D/3-D Registration of Knee Implants Using Single-Plane Fluoroscopy.
    Yamazaki T, T. Watanabe, Y. Nakajima, K. Sugamoto, T. Tomita, H. Yoshikawa, S. Tamura.
    IEEE Transactions on Medical Imaging, Vol.23 No.5 pp.602-612 2004.
このページの先頭へ

2004年   − 学会(海外) −

2004年の学会(海外)の業績をご紹介します。 (学会名、開催地、タイトル、発表者) の順に掲載しております。

  • 50th Annual Meeting of the Orthopaesdic Research Society.   Mar.   San Francisco.
    In vivo 3-dimensional wrist kinematics: using volumebased registration.
    Goto A, Moritomo H, Murase T, Sugamoto K, Yoshikawa H.
  • 50th Annual Meeting of the ORS.   Mar.   San Francisco.
    In vivo kinematics of mobile-bearing knee arthroplasty in deep knee bend.
    Watanabe T, Yamazaki T, Sugamoto K, Tomita T, Yoshikawa H.
  • 50th Annual meeting of the ORS.   Mar.   San Francisco.
    Morphometric analysis of the patello-femoral joint for patients with recurrent patellar dislocation using in vivo 3-D MR imaging.
    Yamada Y, Toritsuka Y, Nakata K, Horibe S,Hamada M, Natsu-ume T, Tsutsumi S, Nakamura N,Shino K.
  • 20th Annual meeting of the Cervical Spine Research Society European Section.   May-Jun.   Porto.
    Kinematics of the subaxial cervical spine during head rotation: in vivo three-dimensional analysis using 3D-MRI.
    Ishii T, Mukai Y, Hosono N, Sakaura H, Sugamoto K, Yoshikawa H.
  • 9th Congress of the International Federation of Societies for Surgery of Hand.   Jun.   Budapest.
    The use of a 3D computer-designed sterelithography model as an intraoperative guide for scaphoid non-union surgery.
    Murase T, Moritomo H, Goto A, Oka K, Sugamoto K,Yoshikawa H.
  • The 18th International Congress and Exhibition, Computer Assisted Radiology and Surgery (CARS).   Jun.   Chicago.
    A fluoroscopy-based system for three-dimensional kinematic analysis of artificial knee implants and clinical application .
    Yamazaki T, T. Watanabe, Y. Nakajima, K. Sugamoto, T. Tomita, Y. Sato, H. Yoshikawa, S. TamuraT.
  • 20th International Wrist Investigator's Workshop.   Sep.   New York.
    In vivo Kinematics of Scaphoid Non-union.
    Moritomo H.
  • 22nd Annual Adrian E. flatt residents and fellows conference in hand surgery.   Sep.   New York.
    In vivo 3-dimensional wrist motion: using MRI and volume-based registration.
    Goto A, Moritomo H, Murase T, Oka K, Sugamoto K, Yoshikawa H.
  • 59th Annual Meeting of ASSH.   Sep.   New York.
    Pathological Kinematics In Scaphoid Nonunion.
    Moritomo H, Murase T, Goto A, Oka K.
  • 59th Annual Meeting of ASSH.   Sep.   New York.
    3D computer simlation surgery for scaphoid nonunions.
    Murase T, Moritomo H, Goto A, Oka K.
  • 59th Annual Meeting of ASSH.   Sep.   New York.
    Bone-defect in scaphoid nonunion: a 3-dimensional and quantitative analysis.
    Oka K, Murase T, Moritomo H, Goto A, Sugamoto K, Yoshikawa H.
  • 17th Annual Symposium of the ISTA.   Sep.   Rome.
    In vivo kinematics of mobile-bearing knee arthroplasty during deep knee flexion.
    Watanabe T, Tomita T, Yamazaki T, Sugamoto K, Yoshikawa H.
  • 5th Combined Meeting of the ORS of US,Canada,Japan and Europe.   Oct.   Banff.
    In vivo analysis of carpal kinematics.
    Goto A, Moritomo H, Murase T, Oka K, Sugamoto K, Yoshikawa H.
  • 5th Combined Meeting of the ORS of US,Canada,Japan and Europe.   Oct.   Banff.
    Bone-defect in scaphoid nonunion: a 3-dimensional and quantitative analysis.
    Oka K, Murase T, Moritomo H, Goto A, Sugamoto K, Yoshikawa H.
  • 5th Combined Meeitng of ORS of US, Canada, Europe and Japan.   Oct.   Canada.
    The Three-dimensional Kinematic Analysis of the Glenohumeral Joint Using Vertically Open MRI.
    Sahara W Sugamoto K, Murai K, Miyamoto M, Inui K, Tanaka H, Sato H, Yoshikawa H.
  • 5th Combined Meeitng of ORS of US, Canada, Europe and Japan.   Oct.   Canada.
    The Three-dimensional Kinematic Analysis of the Glenohumeral Joint Using Vertically Open MRI.
    Sahara W, Sugamoto K, Murai M, Miyamoto K, Inui H, Tanaka H, Sato Y, Yoshikawa H.
  • 5th Combined Meeting of the ORS of Canada, US, Japan and Europe.   Oct.   Banff, Canada.
    Assessment of talus deformity by three dimensional MRI in congenital clubfoot.
    Itohara T, Shimizu N, Sugamoto K, Ohno I, Yoshikawa H.
  • 5th Asian Pacific Federation of Societies for Surgery of the Hand.   Nov.   Osaka.
    In vivo, 3-Dimensional Kinematic Study of the Midcarpal Joint.
    Moritomo H, Murase T, Goto A, Oka K.
  • 5th Asian Pacific Federation of Societies for Surgery of the Hand.   Nov.   Osaka.
    3D computer simlation surgery for scaphoid nonunions.
    Murase T, Moritomo H, Goto A, Oka K, Yamamoto K, Denno K, Sugamoto K, Yoshikawa H.
このページの先頭へ

2004年   − 論文(日本語) −

2004年の論文(日本語)の業績をご紹介します (タイトル、著者、雑誌名、巻・号、ページ) の順に掲載しております

  • 健常ボランティアおよび上腕骨外顆偽関節症例における生体肘関節3次元キネマティクス研究
    後藤晃、森友寿夫、村瀬剛、岡久仁洋、有村武浩
    日本肘関節研究会雑誌、11(1)51-52,2004
  • 内反肘変形の治療
    村瀬剛、森友寿夫、菅本一臣
    関節外科、23(11);1413-1421,2004
  • 橈骨頭頚部骨折の治療と術後リハビリテーション
    岡久仁洋、蔡栄美、山下太、野口義文、櫛谷昭一、島田幸造
    骨折、26(1);213-216,2004
  • 舟状骨偽関節における病的キネマティクス
    森友寿夫、村瀬剛、後藤晃、岡久仁洋、有村武浩
    日本手の外科学会雑誌、21(2);25-28,2004
このページの先頭へ

2004年   − 学会(国内) −

2004年の学会(国内)の業績をご紹介します (学会名、開催地、タイトル、発表者) の順に掲載しております

  • 第32回 日本リウマチ・関節外科学会   10月   奈良
    関節リウマチ患者に対する関節固定術の骨移植における新規HA多孔体NEOBONEの有用性
    藤井昌一、橋本淳、橋本英雄、妻木範行、冨田哲也、菅本一臣、吉川秀樹
  • 第22回 日本骨代謝学会学術集会   8月   大阪
    ビタミンD服用中の閉経後女性関節リウマチ患者の骨密度の変化率に見られる末梢骨と体幹骨の違い
    橋本淳、小野剛史、南平昭豪、坪井秀規、橋本英雄、妻木範行、冨田哲也、菅本一臣、西本憲弘、越智隆弘、吉川秀樹
  • 第48回 日本リウマチ学会学術集会   4月   岡山
    Knee Opusの人工膝関節の可動域に影響を与える因子について〜画像評価について〜
    辻成佳、橋本英雄、菅本一臣、冨田哲也、橋本淳、越智隆弘、吉川秀樹
  • 第48回 日本リウマチ学会学術集会   4月   岡山
    FR167653(p38 MAPK inhinitor)によるコラゲン関節炎の発症および関節破壊抑制
    西川昌孝、名井陽、冨田哲也、高橋康一郎、南平昭豪、吉川秀樹
  • 第48回 日本リウマチ学会学術集会   4月   岡山
    リウマチ肩の関節破壊様式の検討
    小野剛史、菅本一臣、佐原亘、田中裕之、宮本隆司、橋本英雄、冨田哲也、橋本淳、冨田哲也、橋本淳、吉川秀樹、越智隆弘
  • 第16回 東日本手の外科研究会   1月   山形
    術前3Dコンピューターシミュレーションを行った陳旧性Galeazzi骨折の1例
    村瀬剛、森友寿夫、後藤晃、岡久仁洋、菅本一臣、吉川秀樹、佐藤嘉伸
  • 第16回 日本肘関節学会   2月   京都
    肘過伸展外反変形に対して3次元コンピューターシミュレーションを用いて尺骨矯正骨切術を行った1例
    村瀬剛、森友寿夫、後藤晃、岡久仁洋、
  • 第16回 日本肘関節学会   2月   京都
    健常ボランティアおよび上腕骨外顆偽関節症例における生体肘関節3次元キネマティクス研究
    後藤晃、森友寿夫、村瀬剛、岡久仁洋、有村武浩
  • 第29回 日本膝関節学会   2月   広島
    反復性膝蓋骨脱臼膝の大腿骨滑車形態の特徴−3次元コンピューター モデルを用いて−
    山田裕三、鳥塚之嘉、中田 研、堀部秀二、濱田雅之、堤真悟、中村憲正、史野根生
  • 第102回 中部整形外科災害外科学会   3月   松山
    反復性膝蓋骨脱臼に対する内側膝蓋大腿靭帯再建術後の膝蓋骨の動態解析
    山田裕三、鳥塚之嘉、中田研、堀部秀二、濱田雅之、堤真悟、中村憲正、菅本一臣、吉川秀樹、史野根生
  • 第102回 中部整形外科災害外科学会   3月   松山
    習慣性・恒久性膝蓋骨脱臼に対する自家半腱様筋腱を用いた内側膝蓋大腿靭帯再建術
    牧野孝洋、山田裕三、中田 研、中村憲正、吉川秀樹
  • 第10回 南大阪手の外科・末梢神経・マイクロサージャリー研究会   4月   大阪
    3D・CADカスタムメイドテンプレートを用いた橈骨遠位端骨折変形治癒に対する矯正骨切術
    村瀬剛、森友寿夫、後藤晃、岡久仁洋、菅本一臣、吉川秀樹
  • 第10回 南大阪手の外科・末梢神経・マイクロサージャリー研究会   4月   大阪
    舟状骨偽関節の3次元キネマティクス
    森友寿夫、村瀬剛、後藤晃、岡久仁洋、菅本一臣、吉川秀樹
  • 第10回 日本手の外科学会 春季教育研修会   4月   大阪
    手根骨のキネマティクス
    森友寿夫
  • 第47回 日本手の外科学会   4月   大阪
    CTを用いた舟状骨偽関節の3次元形態計測と骨欠損量の評価
    岡久仁洋、村瀬剛、森友寿夫、後藤晃、菅本一臣、吉川秀樹
  • 第47回 日本手の外科学会   4月   大阪
    3D-CADカスタムメイドテンプレートを用いた橈骨遠位端骨折変形治癒に対する矯正骨切術
    村瀬剛、森友寿夫、後藤晃、岡久仁洋
  • 第47回 日本手の外科学会   4月   大阪
    舟状骨偽関節における病的キネマティクス
    森友寿夫、村瀬剛、後藤晃、岡久仁洋、有村武浩
  • 日本放射線技術学会・第60回総会学術大会   4月   横浜
    X線透視画像を用いた2D/3Dレジストレーションによる人工膝関節の接触領域の可視化
    山崎隆治、渡邉哲、中島義和、菅本一臣、前田大助、吉川秀樹、田村進一
  • 第77回 日本整形外科学会学術集会   5月   神戸
    CTを用いた舟状骨偽関節の3次元形態計測と骨欠損量の評価
    岡久仁洋、村瀬剛、森友寿夫、後藤晃、菅本一臣、吉川秀樹
  • 第77回 日本整形外科学会学術集会   5月   神戸
    舟状骨偽関節の3次元シミュレーション手術
    村瀬剛、森友寿夫、後藤晃、岡久仁洋、菅本一臣、吉川秀樹
  • 第77回 日本整形外科学会学術集会   5月   神戸
    手関節疾患に対する新しい画像診断法としての3次元MRI動態解析
    森友寿夫、村瀬剛、後藤晃、菅本一臣、吉川秀樹、中島義和、有村武浩
  • 第77回 日本整形外科学会学術総会   5月   神戸
    先天性内反足における距骨形態の三次元MRI評価
    糸原朋信、清水信幸、菅本一臣、樋口周久、大野一幸、吉川秀樹
  • 第43回日本エム・イー学会大会論文集   5月   金沢
    2D/3Dレジストレーション手法を用いたX線透視画像における人工膝関節の位置姿勢推定と3次元動作解析
    山崎隆治、渡邉哲、中島義和、菅本一臣、前田大助、吉川秀樹、田村進一
  • 第33回 日本脊椎脊髄病学会   6月   東京
    In-vivo 3D頚椎運動解析(第1報)上位頚椎の回旋運動
    石井崇大、向井克容、細野昇、坂浦博伸、菅本一臣、中島義和、佐藤嘉伸、田村進一、吉川秀樹
  • 第33回 日本脊椎脊髄病学会   6月   東京
    In-vivo 3D頚椎運動解析(第2報)中下位頚椎の回旋運動
    石井崇大、向井克容、細野昇、坂浦博伸、菅本一臣、中島義和、佐藤嘉伸、田村進一、吉川秀樹
  • 第1回 Total Knee Symposium   6月   東京
    2D/3Dレジストレーション手法を用いたX線透視画像における人工膝関節の位置姿勢推定と3次元動作解析人工膝関節の深屈曲時動態
    渡邉哲、冨田哲也、山崎隆治、菅本一臣、吉川秀樹
  • 第2回 O2カンファレンス   6月   大阪
    骨関節に対する次世代画像検査としての3次元MRI運動解析システム
    森友寿夫
  • 第23回日本医用画像工学会大会   8月   東京
    2D/3Dレジストレーション手法によるX線透視画像からの人工膝関節位置・姿勢推定と3次元動態解析
    山崎隆治、渡邉哲、中島義和、菅本一臣、冨田哲也、佐藤嘉伸、吉川秀樹、田村進一
  • 兵庫手の外科症例検討会   9月   神戸
    手関節の3次元キネマティクス
    森友寿夫
  • 第19回 日本整形外科学会基礎学術集会   10月   東京
    In-vivo 3D頚椎運動解析(第2報)中下位頚椎の回旋運動
    石井崇大、向井克容、細野昇、坂浦博伸、菅本一臣、吉川秀樹
  • 第19回 日本整形外科学会基礎学術集会   10月   東京
    中下位頚椎の回旋時カップリングモーション3D-MRIを用いたin vivo3次元動態解析
    石井崇大、向井克容、細野昇、坂浦博伸、菅本一臣、吉川秀樹
  • 第19回 日本整形外科学会基礎学術集会   10月   東京
    「術前の3D-CTデ−タより作製したカスタムメイドガイドによるMagerl法の試み」
    向井克容、石井崇大、細野昇、坂浦博伸、村瀬剛、吉川秀樹
  • 第19回 日本整形外科学会基礎学術集会   10月   東京
    3次元CTを用いた舟状骨偽関節の変形と月状骨DISI変形の定量化
    岡久仁洋、村瀬剛、森友寿夫、後藤晃、菅本一臣、吉川秀樹
  • 第19回 日本整形外科学会基礎学術集会   10月   東京
    上肢3次元関節kinematics解析
    森友寿夫、村瀬剛、後藤晃、岡久仁洋、菅本一臣、吉川秀樹
  • 第19回 日本整形外科学会基礎学術集会   10月   東京
    垂直型Open MRIを用いた肩甲上腕関節の三次元動態解析
    佐原亘、菅本一臣、村井正和、乾浩明、佐藤嘉伸、吉川秀樹
  • 第31回 日本肩関節学会   10月   横浜
    垂直型Open MRIを用いた 肩甲上腕関節の三次元動態解析
    佐原亘、菅本一臣 、田中裕之、乾浩明、吉川秀樹
  • 第19回 日本整形外科学会基礎   10月   東京
    内反足における骨化核と軟骨の3次元的相対位置関係の3-D MRIによる検討
    糸原朋信、清水信幸、菅本一臣、樋口周久、大野一幸、吉川秀樹
  • 第19回 日本整形外科学会基礎   10月   品川
    反復性膝蓋骨脱臼膝における膝蓋骨の3次元動態解析
    山田裕三、鳥塚之嘉、中田研、中村憲正、岩橋武彦、菅本一臣、吉川秀樹、堀部秀二、濱田雅之、史野根生
  • 第32回日本放射線技術学会秋季学術大会   10月   大阪
    X線透視画像と人工膝関節モデルを用いた2D/3Dレジストレーション−実画像による精度評価
    山崎隆治、渡邉哲、中島義和、菅本一臣、前田大助、田村進一、吉川秀樹
  • 第31回 日本臨床バイオメカニクス学会   11月   北九州
    鎖骨及び肩鎖関節の三次元動態解析
    佐原亘、菅本一臣、村井正和、佐藤嘉伸、吉川秀樹
  • 第34回 日本人工関節学会   11月   千葉
    Kneeopus mobile-bearing人工膝関節の術後動態解析
    渡邉哲、菅本一臣、山崎隆治、冨田哲也、吉川秀樹
  • 第31回 日本臨床バイオメカ二クス学会   11月   福岡
    PS型fixed-bearing人工膝関節の生体内動態解析
    渡邉哲、冨田哲也、山崎隆治、菅本一臣、吉川秀樹
  • 第31回 日本臨床バイオメカ二クス学会   11月   福岡
    X線透視画像と人工膝関節CADモデルを用いた2D/3Dレジストレーションにおける奥行き位置の改善
    山崎隆治、渡邉哲、中島義和、菅本一臣、冨田哲也、吉川秀樹、田村進一
  • 第31回 日本臨床バイオメカ二クス学会   11月   福岡
    内反足における骨化核と軟骨の3次元的位置関係の3D-MRIによる検討
    糸原朋信 菅本一臣 清水信幸 大野一幸 吉川秀樹
  • 第18回日本エム・イー学会秋季大会   11月   松山
    X線透視画像と人工膝関節モデルを用いた2D/3Dレジストレーション−実画像による精度評価−
    山崎隆治、渡邉哲、中島義和、菅本一臣、冨田哲也、前田大助、佐藤嘉伸、田村進一、吉川秀樹
  • 第31回日本臨床バイオメカニクス学会   11月   福岡
    X線透視画像と人工膝関節CADモデルを用いた2D/3Dレジストレーションにおける奥行き位置の改善
    山崎隆治、渡邉哲、中島義和、菅本一臣、冨田哲也、吉川秀樹、田村進一
  • Venture Business Laboratory (VBL)シーズ検討会   11月   大阪
    X線透視装置を用いた生体内人工関節の3次元動態解析システムの開発
    山崎隆治
  • 第14回コンピュータ支援画像診断学会大会・第13回日本コンピュータ外科学会大会   12月   東京
    X線透視撮影による人工膝関節の接触領域推定と可視化
    山崎隆治、渡邉哲、中島義和、菅本一臣、冨田哲也、前田大助、佐藤嘉伸、吉川秀樹、田村進一
このページの先頭へ
ホーム ご挨拶 運動器バイオマテリアルとは 研究室の紹介 研究内容 業績 お問い合わせ リンク 個人情報保護方針