ホーム >> 業績 >> 2005年

業績

2005年の、学会(国内)、論文(日本語)、学会(海外)、論文(英語)の業績をご紹介します。

2005年   − 論文(英語) −

2005年の論文(英語)の業績をご紹介します。 (タイトル、著者、雑誌名、巻・号、ページ) の順に掲載しております。

  • Does 3D Computer Simulation Improve Results of Scaphoid Nonunion Surgery?
    Murase T, Moritomo H, Goto A, Sugamoto K, Yoshikawa H.
    Clinical Orthopaedics and related research.434;143-50,2005.
  • In Vivo Three-Dimensional Wrist Motion Analysis Using Magnetic Resonance Imaging and Volume-Based Registration.
    Goto A, Moritomo H, Murase T, Oka K, Sugamoto K, Yoshikawa H, Arimura T, Masumo J, Tamura s, Ochi T.
    Journal of Orthopaedic Research.23(4);750-756,2005.
  • Patterns of bone-defect in scaphoid nonunion: a 3-dimensional and quantitative analysis.
    Oka K, Moritomo H, Murase T, Goto A, Sugamoto K, Yoshikawa H.
    The Journal of hand surgery[Am].30(6);1136-44,2005.
  • Three-dimensional morphological analysis of humeral heads - A cadaveric study.
    Sahara W, Sugamoto K, Nakajima Y, Inui H, Yamazaki T, Yoshikawa H.
    Acta Orthop Scan.76(3):392-396,2005.
  • Comparison between mobile-bearing and fixed-bearing knees in bilateral total knee replacements.
    Watanabe T, Tomita T, Fujii M, Hashimoto J, Sugamoto K, Yoshikawa H.
    International Orthopaedics (SICOT).29(3); 179-181,2005.
  • Assessment of congenital clubfoot by three dimensional MRI.
    Itohara T, Sugamoto K, Shimizu N, Ohno I , Tanaka H.
    European Journal of Radiology.53(1);78-83,2005.
  • The use of 3-D MRI to investigate the three-dimensional relationship of the ossific nuclei and cartilaginous anlagen in clubfoot deformities.
    Itohara T, Sugamoto K, Shimizu N, Ohno I , Tanaka H, Nakajima Y, Sato Y, Yoshikawa H.
    Journal of Orthopaedic Research.23;1160-1164,2005.
  • Visualization of femorotibial contact in total knee arthroplasty using X-ray fluoroscopy.
    Yamazaki T, T. Watanabe, Y. Nakajima, K. Sugamoto, T. Tomita, D. Maeda, W. Sahara, H. Yoshikawa, S. Tamura.
    European Journal of Radiology, Vol.53 No.1 pp.84-89 2005.
このページの先頭へ

2005年   − 学会(海外) −

2005年の学会(海外)の業績をご紹介します。 (学会名、開催地、タイトル、発表者) の順に掲載しております。

  • 51st Annual Meeting of the Orthopaedic Research.   Feb.   Washington, DC.
    Poster No. 638 ; IN VIVO 3-DIMENSIONAL ELBOW KINEMATICS OF NONOUNION OF THE LATERAL HUMERAL CONDYLE:USING 3-D MR IMAGES MATCHING TECHNIQUE.
    Goto A, Moritomo H, Murase T, Oka K, Sugamot K,Yoshikawa H, Tamura S, Arimura T.
  • 51st Annual meeting the ORS.   Feb.   Washington DC.
    Visualization of in vivo femorotibial contact in total knee arthroplasty.
    Watanabe T, Tomita T, Yamazaki T, Sugamoto K, Yoshikawa H.
  • 51st Annual meeting the ORS.   Feb.   Washington DC.
    Assessment of the three dimensional relationship of the ossific nuclei and cartilaginous anlagen in congenital clubfoot by 3-D MRI.
    Itohara T, Shimizi N, Sugamoto K, Ohno I, Yoshikawa H.
  • International Hand Meeting in Osaka.   Apr.   Osaka.
    Patterns of carpal deformity in scaphoid nonunion: A 3-dimensional and quantitative analysis.
    Oka K, Moritomo H, Murase T, Goto A.
  • 6th Asian Pacific Conference on Medical and Biological Engineering.   Apr.   Tsukuba.
    2D/3D registration for kinematic analysis after total knee arthroplasty using X-ray fluoroscopy.
    Yamazaki T, Watanabe T, NakajimaY, Sugamoto K, Tomita T, MaedaD, SatoY, Yoshikawa H, Tamura S.
  • IFMBE Proceedings, the 6th Asian-Pacific Conference on Medical and Biological Engineering (APCMBE).   Apr.   Tsukuba.
    2D/3D registration for kinematic analysis after total knee arthroplasty using X-ray fluoroscopy.
    Yamazaki, T. Watanabe, Y. Nakajima, K. Sugamoto, T. Tomita, D. Maeda, Y. Sato, H. Yoshikawa, S. Tamura.
  • 78th Annual Meeting of JOA.   May   Yokohama.
    Radiographic Assessment of Rheumatoid Elbow.
    Kitamura T, Sugamoto K, Hashimoto J,Murase T, Hattori T, Tomita T, Yoshikawa H.
  • 34th Annual Meetings of Japanese Society for Spine Surgery and Related Research.   Jun.   Sendai.
    Kinematics of the Cervical Spine In Lateral Bending In Vivo Three-dimensional Analysis using 3-D MRI.
    Ishii T, Mukai Y, Hosono N, Sakaura H, Fujii R, Wada E, Ishii M, Sugamoto K, Yoshikawa H.
  • 20th Congress of the International Society of Biomechanics.   Jul.-Aug.   Cleveland.
    In vivo 3D intervertebral motion analysis of the cervical spine in lateral bending using 3D-MRI.
    Ishii T, Mukai Y, Hosono N, Fujii R, Sakaura H, Wada E, Ishii M, Kawai H, Sugamoto K, Yoshikawa H.
  • 20th Congress of the International Society of Biomechanics.   Jul.-Aug.   Cleveland.
    Kinematics of the Lumbar Spine during Trunk Rotation: In vivo three-dimensional analysis using 3-D MRI.
    Fujii R, Mukai Y , Ishii T, Hosono N, Sakaura H, Iwasaki M, Sugamoto K, Yoshikawa H.
  • 7th Annual Meeting of the Spine Society of Europe.   Sep.   Barcelona.
    Kinematics of the cervical spine in lateral bending: in vivo three dimensional analysis using 3-D MRI.
    Ishii T, Mukai Y, Hosono N, Fujii R, Sakaura H, Wada E, Ishii M, Kawai H, Sugamoto K, Yoshikawa H.
  • 7th Annual Meeting of the Spine Society of Europe.   Sep.   Barcelona.
    In vivo three dimensional motion analysis of the lumbar spine: coupled motion of the lumbar spine during rotation.
    Fujii R, Mukai Y, Hosono N, Sakaura H, Ishii T, Iwasaki M, Sugamoto K, Yoshikawa H.
  • Hand Surgery Symposium.   Sep.   Galveston.
    Kinematics of the midcarpal joint.
    Moritomo H.
  • 60th Annual Meeting of ASSH.   Sep.   San Antonio, TX.
    Corrective osteotomy of distal radius malunion using 3D custom made template.
    Murase T, Moritomo H, Oka K, Ogata Y.
  • 60th Annual Meeting of ASSH.   Sep.   San Antonio, U.S.A.
    Kinematics of the Midcarpal Joint: In Vivo, 3-Dimentional Motion Analysis.
    Moritomo H, Murase T, Goto A, Oka K.
  • 21st International Wrist Investigator's Workshop.   Sep.   San Antonio, U.S.A.
    Kinematics of the Midcarpal Joint: In vivo, 3D Motion Analysis.
    Moritomo H.
  • 23rd Adrian E. Flatt Residents and Fellows Conference in Hand Surgery.   Sep.   San Antonio , TX.
    Patterns of Carpal Deformity in Scaphoid Nonunion: A 3-Dimensional and Quantitative Analysis.
    Oka K, Moritomo H, Murase T, Goto A, Sugamoto K, Yoshikawa H.
  • The Radiological Society of North America (RSNA)・91th Scientific Assembly and Annual Meeting.   Nov.-Dec.   Chicago.
    An interactive system for 3D kinematic analysis of artificial knee implants using X-ray fluoroscopy.
    Yamazaki T, T. Watanabe, Y. Nakajima, T. Tomita, K. Sugamoto, H. Yoshikawa, S. Tamura.
  • 12nd International Conference on Biomedical Engineering.   Dec.   Singapore.
    In vivo 3-dimensional kinematics of the wrist joint.
    Goto A, Moritomo H, Murase T, Oka K, Sugamoto K, Yoshikawa H.
  • 91th The Radiological Society of North America.   Dec.   Chicago.
    An interactive system for 3D kinematic analysis of artificial knee implants using X-ray fluoroscopy.
    Yamazaki T, Watanabe T, NakajimaY, Tomita T, Sugamoto K, Yoshikawa H, Tamura S.
このページの先頭へ

2005年   − 論文(日本語) −

2005年の論文(日本語)の業績をご紹介します (タイトル、著者、雑誌名、巻・号、ページ) の順に掲載しております

  • In vivo 3-D脊椎運動解析−頚椎の回旋運動−
    石井崇大、向井克容、細野昇、坂浦博伸、藤井隆太郎、中島義和、田村進一、和田英路、菅本一臣、吉川秀樹
    臨床整形外科、40(4);415-423,2005
  • In vivo 三次元腰椎運動解析−腰椎回旋に伴うカップリングモーション−
    藤井隆太郎、向井克容、細野昇、坂浦博伸、石井崇大、岩崎幹季、菅本一臣、吉川秀樹
    臨床整形外科、40(7);763-769,2005
  • 変形矯正のための3D computer simulationによる術前計画
    村瀬剛、森友寿夫、菅本一臣、吉川秀樹、尾方義人、川崎和男
    整形・災害外科、48; 1055-1060,2005
  • 3D−カスタムメイドテンプレートを用いた上肢変形治癒骨折の治療
    村瀬剛、森友寿夫、菅本一臣、吉川秀樹
    新OS NOW、27; 121-126,2005
  • 舟状骨偽関節 CTモデルを用いた3Dコンピュータシミュレーションの試み
    村瀬剛、岡久仁洋、後藤晃、森友寿夫、菅本一臣、吉川秀樹、佐藤嘉伸、尾方義人
    関節外科、24(5): 604-611,2005
  • 橈骨頭脱臼における前腕回旋動作3次元解析
    村瀬剛、森友寿夫、岡久仁洋、後藤晃、柿木良介、面川庄平
    日本肘関節学会誌、12(2);191-192,2005
  • Kneeopus mobile bearing TKAの開発・使用経験・3D動態解析
    渡邉哲、菅本一臣、冨田哲也、藤井昌一、辻成佳、山崎隆治、吉川秀樹
    関節外科−基礎と臨床、24(12);66-71,2005
  • X線透視画像を用いた人工膝関節の三次元動態解析システムの開発
    山崎隆治、渡邉哲、中島義和、菅本一臣、冨田哲也、前田大助、佐藤嘉伸、吉川秀樹、田村進一
    日本放射線技術学会雑誌、1(1);79-87,2005
このページの先頭へ

2005年   − 学会(国内) −

2005年の学会(国内)の業績をご紹介します (学会名、開催地、タイトル、発表者) の順に掲載しております

  • 第11回 日本最小侵襲整形外科学会   11月   幕張
    低侵襲人工膝関節置換術の治療経験
    冨田哲也、渡邊哲、藤井昌一、辻成佳、菅本一臣、吉川秀樹
  • 第78回 日本整形外科学会学術集会   5月   横浜
    NFκBデコイによるサルコラーゲン関節炎抑制結果の検討
    冨田哲也、椚座康夫、橋本英雄、森下竜一、吉川秀樹
  • 第78回 日本整形外科学会学術集会   5月   横浜
    膝伸展から深屈曲によるACLの3線維束の長さ変化-3D MRIによる解析-
    岩橋武彦、菅本一臣、冨田哲也、中田研、吉川秀樹、史野根生
  • 第78回 日本整形外科学会学術集会   5月   横浜
    リボン型NFκBデコイを用いた破骨細胞の分化、機能抑制効果の検討
    椚座康夫、冨田哲也、冨田奈留也、森下竜一、吉川秀樹
  • 第78回 日本整形外科学会学術集会   5月   横浜
    関節リウマチにおける肘関節破壊様式のX線学的検討
    北村卓司、菅本一臣、服部高子、森友寿夫、冨田哲也、村瀬剛、橋本淳、吉川秀樹
  • 第78回 日本整形外科学会学術集会   5月   横浜
    人工膝関節全置換術において大腿骨コンポーネントの後顆部形状は術後屈曲可動域に影響を与えるか?
    辻成佳、冨田哲也、橋本英雄、橋本淳、菅本一臣、吉川秀樹
  • 第49回 日本リウマチ学会学術集会   4月   横浜
    NFκBデコイ関節内投与によるサルコラーゲン関節炎関節破壊抑制効果の検討
    冨田哲也、橋本英雄、椚座康夫、森下竜一、吉川秀樹
  • 第49回 日本リウマチ学会学術集会   4月   横浜
    関節リウマチ(RA)患者にみられる骨折の特徴
    南平昭豪、橋本淳、小柳淳一郎、橋本英雄、妻木範行、冨田哲也、菅本一臣、西本憲弘、越智隆弘、吉川秀樹
  • 第49回 日本リウマチ学会学術集会   4月   横浜
    X線透視画像を用いたPCL温存型人工膝関節置換術後の動態解析
    冨田哲也、渡邊哲、山崎隆治、菅本一臣、吉川秀樹
  • 第49回 日本リウマチ学会学術集会   4月   横浜
    リボン型NFκBデコイを用いた破骨細胞分化、機能の抑制
    椚座康夫、冨田哲也、冨田奈留也、森下竜一、吉川秀樹
  • 第22回 中部日本手の外科研究会   1月   岡山
    上肢変形に対する3次元矯正シミュレーションプログラムの開発
    村瀬剛、森友寿夫、後藤晃、岡久仁洋、菅本一臣、吉川秀樹、尾方義人、川崎和男
  • 第22回 中部日本手の外科研究会   1月   岡山
    手根不安定症における3次元動態MRIの有用性
    森友寿夫、村瀬剛、後藤晃、岡久仁洋
  • 第17回 日本肘関節学会   2月   東京
    橈骨頭脱臼における前腕回旋動作3次元解析
    村瀬剛、森友寿夫、岡久仁洋、後藤晃、柿木良介、面川庄平、日高典昭
  • 第17回 日本肘関節学会   2月   東京
    肘関節キネマティクスと靭帯距離変化
    森友寿夫、村瀬剛、後藤晃、岡久仁洋、有村武浩
  • 第19回 東日本手の外科研究会   2月   東京
    橈骨遠位骨端線損傷後の変形に対する仮骨延長-3Dコンピューターシミュレーションによる術前計画-
    村瀬剛、森友寿夫、岡久仁洋、後藤晃、栗山幸治
  • 第19回 東日本手の外科研究会   2月   東京
    骨折変型治癒に対する3次元矯正シュミレーション・コンピュータープログラムの開発
    村瀬剛、森友寿夫、後藤晃、岡久仁洋
  • 日本放射線技術学会・第48回近畿部会学術大会   2月   大阪
    X線透視画像を用いた人工膝関節の3次元動態解析法と臨床適用
    山崎隆治、渡邉哲、中島義和、菅本一臣、冨田哲也、前田大助、佐藤嘉伸、吉川秀樹、田村進一
  • 第48回 日本手の外科学会   4月   山口
    キーンベック病に対する有頭骨部分短縮骨切術
    森友寿夫、村瀬剛、多田浩一、吉田竹志、島田幸造
  • 第48回 日本手の外科学会   4月   山口
    橈尺骨癒合症に対する金谷法術後の3次元前腕動態解析
    岡久仁洋、森友寿夫、鈴木康一、土井一輝
  • 第48回 日本手の外科学会   4月   山口
    術前3次元成形した人工骨を用いた上肢の矯正骨切術
    村瀬剛、森友寿夫、後藤晃、岡久仁洋、島田幸造
  • 第11回 南大阪手の外科・末梢神経・マイクロサージャリー研究会   4月   大阪
    橈骨遠位骨端線損傷後の変形に対する仮骨延長 -3Dコンピューターシミュレーションによる術前計画-
    岡久仁洋、村瀬剛、森友寿夫、後藤晃
  • 第5回 バイオビジネスコンペJAPAN   4月   豊中
    「3次元画像処理技術とラピッドプロトタイピングを応用した骨変形矯正手術支援システムのビジネス展開」
    村瀬剛
  • 第48回 日本手の外科学会学術集会   4月   下関
    術前3次元成形した人工骨を用いた上肢の矯正骨切術
    村瀬剛、森友寿夫、後藤晃、岡久仁洋、島田幸造
  • 第2回 未来医療交流会   4月   吹田(銀杏会館)
    3次元画像処理技術とラピッドプロトタイピングを応用した骨変形矯正手術支援システムの開発
    村瀬剛
  • 第5回 バイオビジネスコンペJAPAN本選会   4月   豊中
    3次元画像処理技術とラピッドプロトタイピングを応用した骨変形矯正手術支援システムのビジネス展開
    村瀬剛
  • 第89回 日本医学物理学会   4月   横浜
    1方向X線透視像による人工膝関節の3次元動態推定および関節接触点の導出
    山崎隆治、渡邉哲、中島義和、菅本一臣、冨田哲也、前田大助、佐藤嘉伸、吉川秀樹、田村進一
  • 第61回 日本放射線技術学会総会   4月   横浜
    1方向X線透視像を用いた人工膝関節の2D/3Dレジストレーションにおける奥行き位置の改善
    山崎隆治、渡邉哲、中島義和、菅本一臣、冨田哲也、吉川秀樹、田村進一
  • 日本医学物理学会・第89回学術大会   4月   横浜
    1方向X線透視像による人工膝関節の3次元動態推定および関節接触点の導出
    山崎隆治、渡邉哲、中島義和、菅本一臣、冨田哲也、前田大助、佐藤嘉伸、吉川秀樹、田村進一
  • 日本放射線技術学会・第61回総会学術大会   4月   横浜
    1方向X線透視像を用いた人工膝関節の2D/3Dレジストレーションにおける奥行き位置の改善
    山崎隆治、渡邉哲、中島義和、菅本一臣、冨田哲也、吉川秀樹、田村進一
  • 日本放射線技術学会・第61回総会学術大会予稿集   4月   横浜
    次元CT画像を用いた膝関節の空間位置・姿勢推定-コンピュータシミュレーションによる精度評価−
    山崎隆治、渡邉哲、中島義和、冨田哲也、菅本一臣、前田大助、田村進一
  • 第78回 日本整形外科学会学術集会   5月   横浜
    CTデータに基づく3D-CADを利用したハイドロキシアパタイトインプラントの術前モデリング
    村瀬剛、海渡貴司、名井陽、玉井宣行、妻木範行、冨田哲也、森友寿夫、岡久仁洋、上田孝文、菅本一臣、吉川秀樹
  • 第78回 日本整形外科学会学術総会   5月   横浜
    鎖骨及び肩鎖関節の三次元動態解析
    佐原亘、菅本一臣、村井正和、吉川秀樹
  • 第78回 日本整形外科学会   5月   横浜
    Radiographic Assessment of Rheumatoid Elbow
    Kitamura T, Sugamoto K , Hashimoto J , Murase T, Hattori T, Tomita T, Yoshikawa H
  • 日本放射線技術学会・近畿部会春季勉強会   5月   大阪
    X線透視画像を用いた人工膝関節の3次元動態解析法と臨床適用
    山崎隆治
  • 第34回 日本脊椎脊髄病学会   6月   仙台
    In vivo 3D腰椎運動解析−腰椎回旋にともなうcoupling motion−
    藤井隆太朗、向井克容、細野昇、坂浦博伸、石井崇大、菅本一臣、吉川秀樹
  • 第34回 日本脊椎脊髄病学会   6月   仙台
    In vivo 3D頚椎運動解析−頚椎の側屈運動−
    石井崇大、向井克容、細野昇、坂浦博伸、藤井隆太朗、和田英路、石井正悦、河井秀夫、菅本一臣、吉川秀樹
  • 第24回 日本医用画像工学会大会   7月   東京
    X線透視画像解析による人工膝関節の接触域の可視化および定量化に関する有用性の検討
    山崎隆治、渡邉哲、菅本一臣、冨田哲也、小笠原政夫、中島義和、佐藤嘉伸、吉川秀樹、田村進一
  • 第24回日本医用画像工学会大会   7月   東京
    X線透視画像解析による人工膝関節の接触域の可視化および定量化に関する有用性の検討
    山崎隆治、渡邉哲、菅本一臣、冨田哲也、小笠原政夫、中島義和、佐藤嘉伸、吉川秀樹、田村進一
  • 第32回 日本肩関節学会   9月   浦安
    垂直型Open MRIを用いた肩鎖関節のin vivo 3D動態解析
    佐原亘、菅本一臣、吉川秀樹
  • 第20回 日本整形外科学会基礎学術集会   10月   伊勢
    頚椎側屈時のcoupling motion-3D MRI を用いたin vivo 3次元動態解析」
    石井崇大、向井克容、細野 昇、坂浦博伸、藤井隆太朗、和田英路、石井正悦、河井秀夫、菅本一臣、吉川秀樹
  • 第32回 日本臨床バイオメカニクス学会   10月   札幌
    腰椎回旋運動時の3次元動態解析
    藤井隆太朗、向井克容、細野昇、坂浦博伸、石井崇大、吉川秀樹、菅本一臣
  • 第32回 日本臨床バイオメカニクス学会   10月   札幌
    3次元動態解析を用いた病的前腕の回旋運動評価
    岡久仁洋、森友寿夫、鈴木康一、土井一輝
  • 第32回 日本臨床バイオメカニクス学会   10月   札幌
    肩鎖関節の三次元動態解析−靱帯の役割についてー
    佐原亘、菅本一臣、村井正和、吉川秀樹
  • 九州大学応用力学研究所研究集会 人工関節とバイオメカニクス   10月   札幌
    Fluoroscopeを用いた人工膝関節3次元動態解析法
    山崎隆治、冨田哲也、渡邉哲、菅本一臣、佐藤嘉伸、吉川秀樹、田村進一
  • 第32回 日本臨床バイオメカニクス学会   10月   札幌
    Kneeopus mobile-bearing TKAの術後動態解析−デザイン改良に伴う動態の変化−
    渡邉哲、冨田哲也、山崎隆治、辻成佳、玉城雅史、吉田礼徳、菅本一臣、吉川秀樹
  • 第32回 日本臨床バイオメカニクス学会   10月   札幌
    PS型mobile bearing人工膝関節の生体内動態解析
    玉城雅史、冨田哲也、渡邉哲、山崎隆治、辻成佳、吉田礼徳、菅本一臣、吉川秀樹
  • 第32回 日本臨床バイオメカニクス学会   10月   札幌
    CR型fixed-bearing人工膝関節の生体内動態解析
    吉田礼徳、冨田哲也、渡邉哲、山崎隆治、辻成佳、玉城雅史、菅本一臣、吉川秀樹
  • 第32回 日本臨床バイオメカニクス学会   10月   札幌
    X線透視画像を用いた人工膝関節動態解析におけるサンプリングレートの解析結果への影響
    冨田哲也、山崎隆治、渡邉哲、菅本一臣、吉川秀樹
  • 第105回 中部整形外科災外科学会   10月   米子
    関節リウマチにおける後足部外反変形の3次元解析
    糸原明信、菅本一臣、冨田哲也、橋本淳、吉川秀樹
  • 第20回 日本整形外科学会基礎学術集会   10月   伊勢
    MRI画像と画像のマッチング法を用いた生体3次元膝関節ACL線維束の長さ変化解析
    岩橋武彦、中田研、菅本一臣、中村憲正、山田裕三、吉川秀樹、史野根生
  • 第32回 日本臨床バイオメカニクス学会   10月   札幌
    ACL3線維束、PCL2線維束の“機能的長さ” MRIマッチング法を用いた生体3次元計測
    岩橋武彦、菅本一臣、中田研、中村憲正、山田裕三、吉川秀樹、史野根生
  • 第105回 中部日本整形外科災害外科学会   10月   米子
    リウマチ肘における関節破壊様式のX線学的検討
    北村卓司、菅本一臣、橋本淳、村瀬剛、服部高子、冨田哲也、吉川秀樹
  • 九州大学応用力学研究所研究集会   10月   福岡
    Fluoroscopeを用いた人工膝関節3次元動態解析法
    山崎隆治、冨田哲也、渡邉哲、菅本一臣、佐藤嘉伸、吉川秀樹、田村進一
  • 第32回日本臨床バイオメカニクス学会   10月   札幌
    ロバスト推定を用いたX線透視画像からの人工膝関節3次元動態解析法
    山崎隆治、小笠原政夫、冨田哲也、渡邉哲、菅本一臣、佐藤嘉伸、田村進一、吉川秀樹
  • 第14回日本コンピュータ外科学会大会・第15回コンピュータ支援画像診断学会大会   11月   千葉
    X線透視画像と3次元CT画像を用いた膝関節の位置・姿勢推定
    山崎隆治、渡邉哲、小笠原政夫、冨田哲也、菅本一臣、佐藤嘉伸、吉川秀樹、田村進一
  • 第27回 日本バイオマテリアル学会大会   11月   京都
    CTデータに基づく3D-CADモデルを利用したハイドロキシアパタイトインプラントの術前モデリング
    村瀬剛、海渡貴司、名井陽、玉井宣行、妻木範行、冨田哲也、森友寿夫、岡久仁洋、吉川秀樹
このページの先頭へ
ホーム ご挨拶 運動器バイオマテリアルとは 研究室の紹介 研究内容 業績 お問い合わせ リンク 個人情報保護方針