ホーム >> 業績 >> 2016年

業績

2016年の、学会(国内)、論文(日本語)、学会(海外)、論文(英語)の業績をご紹介します。

2016年   − 論文(英語) −

2016年の論文(英語)の業績をご紹介します。 (タイトル、著者、雑誌名、巻・号、ページ) の順に掲載しております。

  • Site and Severity of the Increased Humeral Retroversion in Symptomatic Baseball Players: A 3-dimensional Computed Tomographic Analysis.
    Itami Y, Mihata T, Shibano K, Sugamoto K, Neo M
    Am J Sports Med 44(7):1825-1831, 2016.
  • Plasticity of vertebral wedge deformities in skeletally immature patients with adolescent idiopathic scoliosis after posterior corrective surgery.
    Makino T, Kaito T, Sakai Y, Takenaka S, Sugamoto K, Yoshikawa H
    BMC Musculoskelet Disord 17(1):424, 2016.
このページの先頭へ

2016年   − 学会(海外) −

2016年の学会(海外)の業績をご紹介します。 (学会名、開催地、タイトル、発表者) の順に掲載しております。

  • Orthopaedic Research Society Annual Meeting   Mar.   Orlando.
    In vivo kinematics of TKA with various design prosthesis in deep knee bending.
    Tomita T, Kunugiza Y, Lai YS, Futai K, Yoshikawa H, Sugamoto K
  • Orthopaedic Research Society 2016 Annual Meeting   Mar.   Orlando.
    Investigation of the PCL tibia attachment in CR TKA using a three dimensional bone models.
    Inou Y, Tomita T, Futai K, Fujito T, Kono K, Yoshikawa H, Sugamoto K
  • Orthopaedic Research Society 2016 Annual Meeting   Mar.   Orlando.
    In vivo three dimensional kinematics during stair motion in mediolateral single-radius total knee arthroplasty.
    Kono K, Tomita T, Yamazaki T, Fujito T, Inou Y, Futai K, Tanaka S, Yoshikawa H, Sugamoto K
  • Orthopaedic Research Society 2016 Annual Meeting   Mar.   Orlando.
    In vivo kinematics analysis after total knee arthroplasty; comparison of the measurements of intra- and post-operative
    Fujito T, Tomita T, Futai K, Yamazaki T, Inou Y, Kono K, Yoshikawa H, Sugamoto K
  • Orthopaedic Research Society Annual Meeting   Mar.   Orlando.
    Three-dimensional assessments of distal femoral morphology in Asian populations for total knee arthroplasty.
    Tomita T, Kunugiza Y, Futai K, Kiyotomo D, Hanada T, Yamamoto K, Yoshikawa H, Sugamoto K
  • International Congress of Shoulder and Elbow Surgery   May.   JEJU.
    The site and severity of the humeral rotational deformity in baseball players: a three-dimensional computed tomographic analysis.
    Itami Y, Mihata T, Shibano K, Sugamoto K, Neo M
  • Annual Meeting International Society for Computer Assisted Orthopaedic Surgery   Jun.   Osaka.
    In vivo kinematics analysis after total knee arthroplasty; comparison of the measurements of intra- and post-operative.
    Fujito T, Tomita T, Yamazaki T, Futai K, Kono K, Yoshikawa H, Sugamoto K
  • European Federation of National Associations of Orthopaedics and Traumatology   Jun.   Geneva.
    Investigation of the PCL tibial attachment in CR TKA using three dimensional bone models.
    Fujito T, Tomita T, Inou Y, Futai K, Kono K, Yoshikawa H, Sugamoto K
  • Asia-Pacific Knee, Arthroscopy and Sports Medicine Society   Jun.   Hong Kong.
    SCAPULO-HUMERAL RHYTHM DURING HORIZONTAL FLEXION AND EXTENSION IN SHOULDER ABDUCTION AND EXTERNAL ROTATION.
    Shibano K, Sugamoto K
  • European Orthopaedic Research Society    Sep.   bologna.
    In vivo kinematic analysis after total knee arthroplasty; comparison between intra- and post-operative measurements.
    Fujito T, Tomita T, Yamazaki T, Futai K, Kono K, Yoshikawa H, Sugamoto K
このページの先頭へ

2016年   − 論文(日本語) −

2016年の論文(日本語)の業績をご紹介します (タイトル、著者、雑誌名、巻・号、ページ) の順に掲載しております

  • 【リハ専門医が知っておくべき骨関節の3次元動態】鎖骨、肩甲骨のバイオメカニクス
    佐原亘、菅本一臣
    日本リハビリテーション医学 53(10);750-753,2016
  • MRI を用いた先天性内反足におけるPonseti 治療後の足根骨3次元解析-距骨舟状骨を中心に-
    大槻大、吉田清志、浜野大輔、吉川秀樹、菅本一臣
    日本小児整形外科学会雑誌 25(1);91-95,2016
このページの先頭へ

2016年   − 学会(国内) −

2016年の学会(国内)の業績をご紹介します (学会名、開催地、タイトル、発表者) の順に掲載しております

  • 第46回 日本人工関節学会   2月   大阪
    Single ML radius TKAの階段昇降動作の生体内3次元動態解析
    河野賢一、冨田哲也、山崎隆治、藤戸稔高、伊能良紀、二井数馬、吉川秀樹、田中栄、菅本一臣
  • 第46回 日本人工関節学会   2月   大阪
    人工膝関節の動態解析 −インプラント解析から骨解析へ−
    二井数馬、冨田哲也、山崎隆治、伊能良紀、藤戸稔高、河野賢一、吉川秀樹、菅本一臣
  • 第46回 日本人工関節学会   2月   大阪
    Three-dimensional assessments of distal femoral morphology in Asian populations for total knee arthroplasty
    冨田哲也、椚座康夫、二井数馬、清友大惟、花田敏久、山本浩司、吉川秀樹、菅本一臣
  • 第46回 日本人工関節学会   2月   大阪
    3D骨モデルを用いたCRTKAにおけるPCL付着部の検討
    伊能良紀、冨田哲也、二井数馬、藤戸稔高、河野賢一、吉川秀樹、菅本一臣
  • 第46回 日本人工関節学会   2月   大阪
    ML single-radius TKAの階段昇降動作の生体内3次元動態解析
    河野賢一、冨田哲也、山崎隆治、藤戸稔高、伊能良紀、二井数馬、吉川秀樹、田中栄、菅本一臣
  • 第46回 日本人工関節学会   2月   大阪
    生体内におけるTKA後膝関節 の術中と術後との動態解析の比較
    藤戸稔高、冨田哲也、山崎隆治、伊能良紀、河野賢一、二井数馬、吉川秀樹、菅本一臣
  • 第28回 日本肘関節学会   2月   岡山
    すべてが変わった整形外科の診断と治療ー画像解析の進歩とともにー
    菅本一臣
  • 第45回 日本脊椎脊髄病学会   4月   千葉
    特発性側彎症に対する後方矯正固定術の3次元動態解析 椎弓根スクリュー法とHybrid法との比較検討
    坂井勇介、牧野孝洋、柏井将文、菅本一臣、海渡貴司
  • 第45回 日本脊椎脊髄病学会   4月   千葉
    筋原性側彎症と特発性側彎症における頂椎近傍椎体形態の比較 3次元骨モデルによる解析
    牧野孝洋、坂井勇介、柏井将文、菅本一臣、海渡貴司
  • 第53回 日本リハビリテーション医学会学術集会   6月   京都
    上肢回旋運動時の肩関節三次元動態:挙上角度による違い
    佐原亘、坂井孝司、菅本一臣、吉川秀樹
  • 第8回 日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会(JOSKAS)   7月   福岡
    ACL不全膝の動態解析:CKCとOKCの比較
    橘優太、前達雄、松尾知彦、富田哲也、山崎隆治、菅本一臣、史野根生、吉川秀樹、中田研
  • 第8回 日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会(JOSKAS)   7月   福岡
    解剖学的三重束ACL再建術後における脛骨骨孔拡大
    大堀智毅、前達雄、史野根生、橘優太、金本隆司、武靖浩、下村和範、菅本一臣、吉川秀樹、中田研
  • 第16回 肩と肘を語る会   7月   京都
    高齢者の肩関節前方脱臼に合併した腕神経叢損傷、腱板広範囲断裂の1例
    佐原亘、菅本一臣
  • 第31回 日本整形外科学会基礎学術集会    10月   福岡
    前腕回旋制限を伴う前腕骨幹部骨折変形治癒の3次元解析
    阿部真悟、岡久仁洋、宮村聡、信貴厚生、村瀬剛、菅本一臣、吉川秀樹
  • 第31回 日本整形外科学会基礎学術集会    10月   福岡
    人工膝関節全置換術における術中、術後動態の比較
    藤戸稔高、冨田哲也、山崎隆治、河野賢一、二井数馬、吉川秀樹、菅本一臣
  • 第43回 日本肩関節学会   10月   広島
    上肢挙上回旋運動における骨頭中心の変位について
    佐原亘、菅本一臣、吉川秀樹
  • 第43回 日本肩関節学会   10月   広島
    上肢挙上回旋運動における肩甲上腕靱帯の長さの変化について
    佐原亘、菅本一臣、吉川秀樹
  • 第127回 中部日本整形外科災害外科学会・学術集会   10月   松本
    腱板大・広範囲断裂に対する鏡視下腱板修復術:修復腱板の被覆範囲が治療成績へ及ぼす影響
    佐原亘、菅本一臣、吉川秀樹
  • 第43回 日本臨床バイオメカニクス学会   10月   札幌
    生体内におけるTKA後膝関節の術中と術後との動態解析の比較
    藤戸稔高、冨田哲也、山崎隆治、河野賢一、二井数馬、吉川秀樹、菅本一臣
このページの先頭へ
ホーム ご挨拶 運動器バイオマテリアルとは 研究室の紹介 研究内容 業績 お問い合わせ リンク 個人情報保護方針