ホーム >> 業績 >> 2017年

業績

2017年の、学会(国内)、論文(日本語)、学会(海外)、論文(英語)の業績をご紹介します。

2017年   − 論文(英語) −

2017年の論文(英語)の業績をご紹介します。 (タイトル、著者、雑誌名、巻・号、ページ) の順に掲載しております。

  • Three-dimensional analysis of osteophyte formation on distal radius following scaphoid nonunion.
    Oura K, Moritomo H, Kataoka T, Oka K, Murase T, Sugamoto K, Yoshikawa H
    J Orthop Sci 22(1):50-55, 2017.
  • In Vivo Analysis of Three-Dimensional Dynamic Scapular Dyskinesis in Scapular or Clavicular Fractures.
    Kim E, Park JH, Han BR, Park HJ, Lee SY, Murase T, Sugamoto K, Ikemoto S, Park SJ.
    Acta Med Okayama 71(2):151-159, 2017.
  • In Vivo Scaphoid Motion During Thumb and Forearm Motion in Casts for Scaphoid Fractures.
    Kawanishi Y, Oka K, Tanaka H, Sugamoto K, Murase T.
    J Hand Surg Am 42(6):475.e1-475.e7, 2017.
  • Strain measurements of the tibial insert of a knee prosthesis using a knee motion simulator.
    Sera T, Iwai Y, Yamazaki T, Tomita T, Yoshikawa H, Naito H, Matsumoto T, Tanaka M
    J Orthop 14(4):495-500, 2017.
  • Morphological changes in tibial tunnels after anatomic anterior cruciate ligament reconstruction with hamstring tendon graft.
    Ohori T, Mae T, Shino K, Tachibana Y, Sugamoto K, Yoshikawa H, Nakata K.
    J Exp Orthop 4(1):30, 2017.
  • Comparison of a self-administered foot evaluation questionnarie (SAFE-Q) between joint-preserving arthroplasty and resection-replacement arthroplasty in forefoot surgery for patients with rheumatoid arthritis.
    Ebina K, Hirao M, Hashimoto J, Nampei A, Shi K, Tomita T, Futai K, Kunugiza Y, Noguchi T, Yoshikawa H
    Mod Rheumatol Dec 27(5):795-800, 2017.
  • Differential effects of IL-6 blockade tocilizmub and TNF inhibition on angiogenesis in synovial tissues from patients with rheumatoid arthritis.
    Hirohata S, Abe A, Murasawa A, Kannamoto T, Tomita T, Yoshikawa H
    Mod Rheumatol Dec 27(5):766-772, 2017.
  • Correlation of 3D Shift and 3D Tilt of the Patella in Patients With Recurrent Dislocation of the Patella and Healthy Volunteers: An In Vivo Analysis Based on 3-Dimensional Computer Models.
    Yamada Y, Toritsuka Y, Nakamura N, Horibe S, Sugamoto K, Yoshikawa H, Shino K.
    Am J Sports Med 45(13):3111-3118, 2017.
  • Differences in vertebral morphology around the apical vertebrae between neuromuscular scoliosis and idiopathic scoliosis in skeletally immature patients: a three-dimensional morphometric analysis.
    Makino T, Sakai Y, Kashii M, Takenaka S, Sugamoto K, Yoshikawa H, Kaito T.
    BMC Musculoskelet Disord 18(1):459, 2017.
  • The expression of mRNA for peptidylargininase deiminase type 2 and type 4 in bone marrow CD34+ cells in rheumatoid arthritis.
    Nagai T, Matsueda Y, Tomita T, Yoshikawa H, Hirohata S
    Clin Exp Rheumatol 36(2):248-253, 2017.
  • Can intraoperative kinematics analysis predict postoperative kinematics following total knee arthroplasty? Preliminary.
    Wada K, Mikami H, Hamada D, Yamazaki T, Tomita T, Sairyo K
    J Med Invevst 65(2):21-26, 2017.
  • Altered bone density and stress distribution patterns in long-standing cubitus varus deformity and their effect during early osteoarthritis of the elbow.
    Miyamura S, Oka K, Abe S, Shigi A, Tanaka H, Sugamoto K, Yoshikawa H, Murase T.
    Osteoarthritis Cartilage 26(1):72-83, 2017.
  • In vivo three-dimensional kinematics of normal knees during different high-flexion activities.
    Kono K, Tomita T, Futai K, Yamazaki T, Tanaka S, Yoshikawa H, Sugamoto K
    The Bone&Joint Jounal 100-B(1):50-55, 2017.
  • Three-dimensional scapular dyskinesis in hook-plated acromioclavicular dislocation including hook motion.
    Kim E, Lee S, Jeong HJ, Park JH, Park SJ, Lee J, Kim W, Park HJ, Lee SY, Murase T, Sugamoto K, Ikemoto S
    J Shoulder Elbow Surg 27(6):1117-1124, 2017.
  • In Vivo 3-Dimensional Kinematics of Thumb Carpometacarpal Joint During Thumb Opposition.
    Kawanishi Y, Oka K, Tanaka H, Okada K, Sugamoto K, Murase T.
    J Hand Surg Am 43(2):182e1-182e7, 2017.
このページの先頭へ

2017年   − 学会(海外) −

2017年の学会(海外)の業績をご紹介します。 (学会名、開催地、タイトル、発表者) の順に掲載しております。

  • The25th EORS2017   Munich.
    The effect of posterior tibial slope on the kinematics and range of motion after the cruciate-retaining total knee arthroplasty.
    Fujito T, Tomita T, Yamazaki T, Futai K, Ishibashi T, Yoshikawa H, Sugamoto K
  • The 26th Congress of Korean Shoulder and Elbow Society   Seoul.
    Site and Severity of the Increased Humeral Retroversion in Symptomatic Baseball Players:A 3-Dimensional Computed Tomographic Analysis.
    Sugamoto K
  • The 26th Congress of Korean Shoulder and Elbow Society   Seoul.
    Three-dimensional Analysis of Acromial Morphologic Characteristics in Patients with and without Rotator Cuff Tears Using a Reconstructed Computed Tomography Model.
    Sugamoto K
  • ORS 2018 Annual Meeting   Neworleans.
    In Vivo Kinematic Analysis of Unicompartmental Knee Arthroplasty During High Flexion Activities.
    Kono K, Tomita T, Yamazaki T, Ishibashi T, Fujito T, Konda S, Futai K, Inui H, Taketomi S, Tanaka S, Sugamoto K
このページの先頭へ

2017年   − 論文(日本語) −

2017年の論文(日本語)の業績をご紹介します (タイトル、著者、雑誌名、巻・号、ページ) の順に掲載しております

  • 第11回日本リハビリテーション医学会専門医会学術集会
    菅本一臣
    総合リハビリテーション 45(4);381-384,2017
  • 教育講座 骨関節の3次元動態 : その動きの多様性と画一性からくる関節動態の神秘
    菅本一臣
    The Japanese journal of rehabilitation medicine=リハビリテーション医学 54(4);297-301,2017
  • 腰背部痛
    冨田哲也
    内科外来診断navi 327-329,2017
  • 保存療法2.薬物療法
    冨田哲也
    変形性関節症 117-122,2017
  • 巻頭言 リハビリテーション医は何をめざして何をすべきなのか?
    菅本一臣
    総合リハビリテーション 45(6);579-,579,2017
  • すべてがかわるリハビリテーション
    菅本一臣、三原雅史
    The Japanese journal of rehabilitation medicine=リハビリテーション医学 54(7);481-484,2017
  • リハビリテーション科医の役割?
    菅本一臣
    The Japanese journal of rehabilitation medicine=リハビリテーション医学 54(12);934-934,2017
  • 上肢挙上回旋運動における骨頭中心の変位について
    佐原亘、菅本一臣、吉川秀樹
    肩関節 41(4);852-852,2017
  • 上肢挙上回旋運動における肩甲上腕靱帯の長さの変化について
    佐原亘、菅本一臣、吉川秀樹
    肩関節 41(4);853-853,2017
  • 脊椎関節炎について教えて下さい−SAPHO症候群
    冨田哲也
    リウマチクリニック 25;22-22,2017
  • 第2章 関節リウマチの診断 Q20 腰部の張りと腰痛のため整形外科を受診したところ、炎症性脊椎関節炎と診断されました。これはどのような病気なのでしょうか?また治療法についても教えてください。
    冨田哲也
    JMPマガジン132【最新版】ズバッと答える関節リウマチ〜患者さんからの85通の挑戦状〜 46-47,2017
  • 第2章 関節リウマチの診断 Q21 肘や足に乾癬による湿疹があり、関節も痛くなってきたので、整形外科を受診したところ、乾癬性関節炎といわれました。診断方法、治療方法、予後について教えてください。
    辻成佳、冨田哲也
    JMPマガジン132 【最新版】ズバッと答える関節リウマチ〜患者さんからの85通の挑戦状〜 48-52,2017
  • 第6章 手術について Q69人工関節に頼らない関節リウマチの手術はありますか?またその有用性についても教えてください。
    冨田哲也
    JMPマガジン132 【最新版】ズバッと答える関節リウマチ〜患者さんからの85通の挑戦状〜 172-173,2017
このページの先頭へ

2017年   − 学会(国内) −

2017年の学会(国内)の業績をご紹介します (学会名、開催地、タイトル、発表者) の順に掲載しております

  • 第90回 日本整形外科学会学術総会   仙台
    TKA後の術後活動性に影響を及ぼす因子の検討
    冨田哲也、二井数馬、藤戸稔高、河野賢一、吉川秀樹、菅本一臣
  • 第54回 日本リハビリテーション医学会学術集会   岡山
    肩関節の動き方を知ってリハビリテーションに活かしましょう
    菅本一臣
  • 第9回 日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会   札幌
    ACL機能とmid-flexion instability −階段昇降動作解析を中心に−
    冨田哲也
  • 日本脊椎関節炎学会第27回学術集会   高知
    本邦における体軸性脊椎関節炎の現状と課題 −適正な診断、治療に向けた取り組みについて−
    冨田哲也
  • 第1回 日本リハビリテーション医学会秋季学術集会   大阪
    すべてがかわるリハビリテーション
    菅本一臣
  • 第1回 日本リハビリテーション医学会秋季学術集会   大阪
    膝・足部のキネマティクスから考えるリハビリテーション
    冨田哲也
  • 第19回 一般社団法人 日本カイロプラスティック徒手医学会(JSCC)学術大会   兵庫
    骨・関節の動きを科学する
    菅本一臣
  • 第42回 日本足の外科学会・学術集会   愛知
    すべてが変わった整形外科の診断と治療 −画像解析の進歩とともに−
    菅本一臣
  • 第27回 日本リウマチ学会北海道東北支部学術集会   山形
    本邦における体軸性脊椎関節炎の現状と課題
    冨田哲也
  • 第32回 日本臨床リウマチ学会   神戸
    脊椎関節炎update 2017 −体軸性脊椎関節炎を中心に−
    冨田哲也
  • 第32回 日本臨床リウマチ学会   神戸
    体軸性脊椎関節炎の診断、治療と本邦における課題
    冨田哲也
  • 第48回 日本人工関節学会   東京
    TKA 術後階段昇降動作の生体内3次元動態解析
    冨田哲也
  • 第48回 日本人工関節学会   東京
    生体内動態解析から考える正常膝関節とBicruciate Preserving Arthroplasty
    冨田哲也
  • 第48回 日本人工関節学会   東京
    TKA 後の基本的ADL 動作を科学する −正座の生体内動態解析−
    冨田哲也
このページの先頭へ
ホーム ご挨拶 運動器バイオマテリアルとは 研究室の紹介 研究内容 業績 お問い合わせ リンク 個人情報保護方針