ホーム >> 研究内容

研究内容

私達の研究は独自の技術で開発されたものにより、世界中で私達の研究室においてのみ可能となりました。さらにこの研究は将来に役立つ可能性を求めたものではなく、今現在の診療に役立っていることから国内外で多くの注目を集めています。
ここではすでに診療、教育の場で活用されている技術をいくつかご紹介いたしましょう。

ご覧いただく資料の中にはFlashでの動画閲覧がございます。FlashPlayerをお持ちでない方はこちらよりダウンロードしてから動画をご覧下さい。

現在進行中のプロジェクト一覧

• CTおよびX線透視画像を用いた顎運動の3次元動態の解明
• 四肢関節および脊椎、仙腸関節に対する3次元的動態解析
• 矯正装具装着下の変形性膝関節症症例に対するX線透視画像および光学式動作解析システムを用いた3次元動態の解明
• 四肢関節、脊椎および顎関節に対するMRIを用いた3次元的動態解析

1.人工関節術後3次元動態解析

膝や股関節など関節に痛みのある患者様に人工関節置換術を行った後、関節の動きを評価して新しい人工関節の開発に役立てています。
• 関連リンク
>>大阪大学整形外科 ひざ・関節
>>山崎隆治Personal Web Site

詳細はこちら

2.骨関節の生体内3次元動態解析

背骨の変形やリウマチの関節の動きを評価して、骨関節の病態解明に役立てています。
• 関連リンク
>>TEAMLAB BODY

詳細はこちら

3.骨折後の変形の治療

腕の骨折後に変形が生じた治療困難な患者様に3次元的な矯正(きょうせい)手術を行っています。
• 関連リンク
>>村瀬剛official Web Site

詳細はこちら

4.骨質の評価(骨粗鬆症‐こつそしょうしょう‐の新しい診断方法)

骨粗鬆症(こつそしょうしょう)の新しい診断方法についてご紹介します。

詳細はこちら

このページの先頭へ
ホーム ご挨拶 運動器バイオマテリアルとは 研究室の紹介 研究内容 業績 お問い合わせ リンク 個人情報保護方針